ガジェット

電子書籍を利用する10個のメリットをご紹介!

皆さんは電子書籍を利用したことがありますか?

スマホやタブレットから、簡単に本が読める時代になりましたよね。

電子書籍には紙の本に匹敵する利便性があるので、ぜひ、場面や状況に合わせて使い分けていきましょう。今回は、電子書籍を利用する10個のメリットについてご紹介します!

電子書籍は本の持ち運びが楽

電子書籍を使う1つ目のメリットは、本をかさばらずに持ち運べることです。本をデータでダウンロードして持ち運ぶ形になるため、物理的な重さを感じることはありません。

紙の本であれば、3冊以上持ち運ぼうとすると肩も痛くなります(笑)

財布、手帳、飲み物のペットボトルなど、他の荷物を入れるスペースも確保しにいです。

しかし電子書籍の場合、持ち運ぶ重さはスマホ・タブレットの端末分のみ!巻数が多い漫画を読む場合、電子書籍は非常に重宝しますよね。旅行のお供に本を持って行く際、あらためて電子書籍の便利さに気がつく方も多いのではないでしょうか?

電子書籍が安価で購入できる

電子書籍を使う2つ目のメリットは、紙の本より、お得に書籍が購入できることです。電子書籍はセールやキャンペーンを通じて商品が、半額に近い値段で販売されるキャンペーンなどがあったりします。

割引されていなくても後で本を購入するときに使えるポイントが、大幅に還元されたりします。自分はあまり読まないようなジャンルでも「セール中だから買ってみよう」と購入に踏み切りやすいです。

限られた予算の中で、本をお得に購入したいは、電子書籍を積極的に活用する方法がおすすめですよ♪

電子書籍は在庫切れの心配がない

電子書籍を使う3つ目のメリットは、いつ購入しても売り切れの心配がないことです。電子書籍は本をデータとして販売するため、物理的に在庫切れになることはありません。また、電子書籍に対応している話題の新作本も、発売と同時にすぐに購入することができます。

日付が変わり次第、本屋の開店時間を待たずに新刊本をゲットすることが可能に!

欲しい本が売り切れていてがっかりした経験を持つ方ほど、在庫切れの心配が一切ない電子書籍を利用する方法がおすすめですよ♪

電子書籍は試し読みが豊富

電子書籍を使う4つ目のメリットは、気になる本がどのような中身あるか、試し読みがしやすいことです。本屋さんでは汚れたり場所を取ったりする理由から、試し読みするスペースがなかなか設けられていません。

電子書籍の場合、漫画・小説などを中心に、数多くの作品が試し読みに対応している部分が特徴的です。巻数が多い漫画は1〜3巻を無料で試し読みできます。自分の好きなタイミングで試し読みができるので、「想像と違った」とがっかりするケースを防ぎ「面白い」「続きが読みたい」と納得した上で購入に踏み切れます。

電子書籍の試し読みは、待ち時間、電車の移動時間などの空き時間にも最適。なんとなく暇な時間も充実した時間に変えてくれますよ♪漫画・小説の中身をしっかり確認したい方ほど電子書籍はおすすめです。

電子書籍は買いにくい本も購入しやすい

電子書籍を使う5つ目のメリットは、人の目を気にすることなく、ニッチなジャンルの本が購入できることです。店舗ではなかなか取扱いがない本や、自分がターゲット層から外れていると感じる本は、レジに持っていく勇気がなかなか出ませんよね。

電子書籍の場合、誰の目も気にすることなく欲しい本が購入できます!保管方法も、任意のアプリに並ぶ仕様となるため、誰にも見られない自分だけのオリジナル本棚が持ててしまうんです。

「妻に(彼女に)購入する本を見られたくない」、「本を買うとき、店員さんから表紙を確認される瞬間が苦手」と、感じる方にこそ電子書籍はおすすめですよ♪

電子書籍は読書へのハードルが低い

電子書籍を使う6つ目のメリットは、小説を読むきっかけを何度でも作りやすいことです。スマホ・タブレットを毎日触る方も多く、読書へのハードルも低く感じさせてくれます。

紙の本は分厚いほど「読み切れるのかな…」などの不安を感じたり、気合が入らないとなかなか手に取ることも少なくなりますよね。電子書籍の場合、日々、手にしているスマホやタブレットから本を読み始められるので、大きなプレッシャーを感じることはありません。

読書に対する苦手意識が薄れている状態から、活字に触れることも出来て良いですね♪

サッとスマホやタブレットでページをめくることができるテンポが良い部分も特徴的。最近は本当に紙の本をめくっているようなリアルなめくりアニメーションも取り入れられたりしています。電子書籍では、いつのまにか一冊の小説を読み終えている感覚を味わいやすい、便利なツールです♪

電子書籍は多読がしやすい

電子書籍を使う7つ目のメリットは、多くの本を併用して読みやすいことです。読みたい本をワンタップで開いたり閉じたりできる利便性があります。また、端末を閉じてもそのページで自動でしおりを閉じてくれたりする機能もあるため、充電が落ちたりしても安心です。

紙の本を複数冊読む場合、物理的な量の多さに「ダルい」と投げ出したくなりやすいですよね…場所を取ることはもちろん、積み上げて放置したりする場合、何かの拍子に崩したりしてイライラすることもありません。

電子書籍を利用する場合、その日の自分の気分やペースで、プレッシャーを抱えることなく多読が捗りやすいです。たくさんの本を読みたい方にはおすすめです♪

電子書籍は本を汚さずマーカーが引ける

電子書籍を使う8つ目のメリットは、重要なポイントに印をつけやすいことです。汚さずマーカーを引けるのはもちろん、後で簡単に消すこともできます。読書中、良いなと感じる言葉が書いてあると目印をつけたくなります。最近ではその文章だけを切り取ってメモやノートにまとめる機能がついていたりして、後で自分の気に入った文章、気になった文章を読み返すこともできます。

紙の本は「本当に書いても良いのかな」と抵抗感を覚える方も多いですよね。しかし、電子書籍の場合、文章データにマーカーをつける形となるため物理的にスマホ・タブレットが汚れてしまう心配はありません。

電子書籍は、本の重要なポイントを手軽にまとめたい方におすすめですよ♪

電子書籍は暗い場所でも読みやすい

電子書籍を使う9つ目のメリットは、スマホ・タブレットの明かりにより暗い場所でも読書がしやすいことです。場所や時間を問わず読書をしたい方必見、紙の本にはないメリットと言えます。

夕方から夜にかけて外灯が少ない場所で本を読む場合、紙の本なら「見にくい」と読書自体を諦める方も多いです。電子書籍の場合、ディスプレイの明かりにより、いつでもどこでも読書が楽しめます。

しかし、暗い場所で読書を長時間行うと、目に負担がかかる恐れがあるので注意が必要です。ブルーライトカットのメガネを用意したりすると良いでしょう♪

24時間、状況問わず読書がしたい方こそ電子書籍はありがたい救世主ですね♪

電子書籍は楽な体勢で読みやすい

電子書籍を使う10つ目のメリットは、寝っ転がったままでも本が読みやすいことです。紙の本を読む場合、両手を使って読書に励む方も多く、自身にフィットする体勢も取りに苦買ったりしますよね。

スマホ端末で読書をする場合、片手で操作を終えられるため比較的楽な姿勢を取ることができます。寝っ転がったままの読書を通り越して、寝落ちなんてこともあります。電子書籍なら一定時間ページがめくられなかったりしたらスリープモードにできる機能なども備わっているため良いですよ♪

リラックスして読書に励みたい方こそ、電子書籍はおすすめです!

まとめ

いかがでしたか?今回は電子書籍のメリットについてご紹介いたしました。電子書籍は、スマホ・タブレットを持っている方なら誰でも利用できます!

試し読みが豊富なことはもちろん、未知なるジャンルの本も開拓しやすいところから、今以上に読書に没頭できる電子書籍。読書専用端末リーダーもあるため、電子書籍の良さを知った方は購入を検討してみてください!