Webデザイナー

Webデザイン未経験がwebデザイナーとして転職する方法【会社を辞める前提で考えよう】

Webデザイナーとして転職したいと思っているみなさん。

まずはじめに前提をお伝えすると、未経験というのは「Webデザインという専門知識がなく未経験」という表現で、Web業界未経験だと転職できない可能性もあるので、注意してくださいね!

Webデザイナーとして転職したいと考えている人だから、「Web業界」のことはある程度リテラシーがあるということだと思います。

Webデザイナーというお仕事とは

Webデザイナーというお仕事内容を説明していきます。

みなさんが普段見ているインターネット上のブログやサイトは全て綺麗にデザインされています。そのデザインを作るのがWebデザイナーです。

クライアントからお仕事を依頼され、クライアントが要望するWebサイトの構成や配色、文字のサイズ、フォントの種類、アイコン配置、などデザインの方向性を決めていくのもWebデザイナーの仕事です。

未経験からWebデザイナーに転職するために必要なこと

未経験からWebデザイナーになるために最低限揃えておくべきものをご紹介します。

PC(Mac や Windows)

すでに自宅にインターネットがつながるPCがある人は今からでもWebデザインの勉強ができます。ない方は購入しましょう。おすすめというわけではないですが、私がメインで使用しているのはMacbook Pro13インチに27インチのディスプレイ(Thunderbolt)を繋げてWebデザインしています。

MacWindowsもそれぞれいいところがありデザインするには甲乙つけ難いですが、私は「かっこいいから!」という理由でMacを使っています。スタバとかでおしゃれにノマドワークなんてのも良いですよ(笑)

PhotoshopやIllustratorのデザインツール

Webデザインするのに欠かせないツールがAdobeが提供しているPhotoshopIllustratorです。PhotoshopWebデザインの全般(構成や写真加工など)に使われ、Illustratorは主にアイコンやイラストを描く際に使用します。

有料ですが、これらのデザインツール+Webデザインするのにあったら便利なXDDreamweaverも全て入っている「Creative Cloudのコンプリートプラン」を契約するのがおすすめです。

DreamweaverやCot Editorなどのテキストエディタ

Webデザインをしたら実際にWebサイトとして見れるようにコーディングと呼ばれる作業をします。そのプログラミング(コーディング)作業に必要なツールがテキストエディタです。DreamweaverAdoveが提供しているので、上で紹介した「Creative Cloudのコンプリートプラン」を契約すれば使えます。

無料でいいものを探している方におすすめなのが「Cot Editor」です。

Mac Appから無料で出ています。

https://apps.apple.com/jp/app/coteditor/id1024640650?mt=12

自由帳と鉛筆

実際にデザインを始める前にモックアップといってデザインを下書きをするために必要なものです。今はipadなどで簡単に手書きできるのでそっちを使ってしまっていますが、初心を思い出すべく鉛筆で手書きの構成案など書くときもあります。

頭の中にあるデザインイメージを紙に書き起こすことで、頭で考えていただけでは分からなかったデザインの改善点なども分かるので一回紙にデザインを下書きするのはおすすめです。紙のデザインがある程度決まればあとはPhotoshopなどでWebデザインしていくだけなので効率よくデザインができますよ!

未経験からWebデザイナーに転職するための独学勉強法

未経験といっても少しはWebデザインについての知識を持っていた方がWebデザイナーとして転職するには有利になります。未経験からWebデザイナーとして就職した私が実際に行った独学勉強法をご紹介します!

Webデザインに関するの基礎知識を身につける

Webデザインの知識だけではお仕事ができません。最低限プログラミング(コーディング)などの言語の知識身につけておきましょう。

HTMLとは

HTMLWebサイトを作成するときに用いる言語のことです。

↑こんな感じの文字がたくさん並んでいて暗号みたいなもの

Webで見るとこんな感じに綺麗に見えます

CSSとは

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)と呼ばれ、HTMLで作ったWebサイトの基礎を装飾する役割の言語です。HTMLだけだと文字が羅列された状態なので、その文字に配色したり、サイズを調整したりとHTMLと組み合わせて使う言語です。

デザインの基礎を身につける

デザインは目でみて覚えるのも大切ですが、しっかりしたデザインの基本を学ぶには本を読んだ方がいいです。いいデザインを作っているWebデザイナーさんもデザインの基礎、セオリーがしっかり身体に染み付いているからできるデザイン。

実際に私が読んでいいな!と思ったものだけをご紹介していくのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです♪

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門

なるほどデザイン

っぽくなるデザイン 誰でもできるかっこいいレイアウト集

Webデザインの基礎からしっかり学べるので、未経験からWebデザイナーを目指している方は一度目を通してみてくださいね♪

デザインスクールに通う

デザインスクールに通うのは一番手っ取り早くWebデザインの基礎から応用まで学ぶことができるのでおすすめです。ただし時間がある程度ないとできないことなので、現在お仕事が忙しくデザインスクールに通う時間がない人はオンラインスクールというものもあるのでおすすめです!

デザインスクールに通うメリット

  1. お金を払えば短期間でwebデザイナーのスキルを身につけられる
  2. デザインのトレンドが身につく
  3. Web業界の人脈を広げられる

転職エージェントや求人サイトに登録する

独学で勉強しているから、とにかくすぐにでもWebデザイナーとして転職したい!と考えている方におすすめなのは「転職エージェントに登録する」こと。

私はWebデザインについての知識を勉強し始めたところで、とりあえず転職エージェントと求人サイトに登録しました(笑)転職エージェントといってもどこに登録したらいいのか分からない方のために、実際に私が登録して良かったと感じた転職エージェントをいくつかご紹介します。

1つだけではなく、Web業界の求人が多い転職エージェントに登録するのが定石ですよ!

レバテッククリエイター

https://creator.levtech.jp/

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/

Green(グリーン)

https://www.green-japan.com/

最近CM見ますね

Wantedly(ウォンテッドリー)

https://www.wantedly.com/

女の転職type

https://woman-type.jp/

女性の方ならおすすめ!

クラウドソーシングサービスに登録してWebデザイナーのお仕事を探す

独学で勉強しながらWebデザインのお仕事を探すのは実は簡単です。クラウドソーシングサービスに登録すれば、Webデザインのお仕事がもらえることもあります。私もとりあえずで登録したら簡単な画像作成やバナー作成を受注することができましたよ。

おすすめのクラウドソーシングサービスをご紹介します。

Crowdworks(クラウドワークス)

\下のバナーから簡単!無料登録できます♪/

Lancers(ランサーズ)

まとめ

未経験からWebデザイナーに転職したいと考えている方で、Web業界のことをあまり知らないと不安になりますよね。ですが、Webデザインの知識(プログラミング・コーディング)やWeb業界の基礎知識をしっかり身につけられれば、転職も思い通りにできるはずです!

独学で勉強したり、スクールに行ったりと webデザインの勉強は大変ですが、楽しく学んで身につけて良い転職ができることを願っています!応援しています♪

関連記事