ドローン

ドローン免許の取得費用はいくらかかる?

ドローンの国家資格について

ドローンの国家資格は、2022年12月5日から開始されました。この国家資格には一等資格と二等資格の2つの種類があります。一等資格と二等資格には、飛行レベルや立ち入り管理処置の違いがあります。国家資格を取得することによって、特定の飛行を規制する限定が解除されるため、ドローンの運用範囲が広がります。

ドローンの国家資格の種類

ドローンの国家資格には、一等資格と二等資格の2つの種類があります。一等資格は、より高度な飛行技術や立ち入り管理処置の実施が求められ、一般的には商業目的でのドローン運用になります。一方、二等資格は、より簡易な飛行技術や立ち入り管理処置が求められ、一般的には趣味や個人の目的でのドローン運用になります。

国家資格取得の必要性

ドローンの国家資格を取得することには様々なメリットがあります。まず、国家資格を取得することによって、特定の飛行を規制する限定が解除されるため、より多くの場所でドローンを飛行させることができます。また、国家資格を持っていることは、ドローンを安全かつ適切に操作する能力を持っていることを示す証明にもなります。さらに、国家資格を持っていることは、信頼性や信用性を高めるため、ドローンを商業目的で利用する場合には有利となるでしょう。

国家資格取得の条件

ドローンの国家資格を取得するためには、一定の条件を満たす必要があります。具体的な条件はドローンの種類や目的によって異なる場合もありますが、一般的な条件としては、登録講習機関での学科・実技の講習を受け、指定試験機関での学科試験に合格する必要があります。また、特定の飛行経歴や経験も求められる場合もあります。詳しい条件については、各試験機関や講習機関の公式ウェブサイトなどで確認することをおすすめします。

ドローン免許の取得費用

ドローンの国家資格を取得するためには、一定の費用がかかります。免許の種類によって取得費用が異なるため、以下にそれぞれの費用についてご説明します。

二等資格の取得費用

ドローンの二等資格を取得するためには、おおよそ50万円程度の費用がかかると言われています。この費用には、登録講習機関での学科・実技の講習料や指定試験機関での学科試験の受験料が含まれています。

この費用はあくまで目安であり、実際には講習機関や試験機関によって異なる場合があります。また、教材や訓練機材の費用、交通費や宿泊費なども別途かかることがありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

一等資格の取得費用

ドローンの一等資格を取得するためには、二等資格よりも高いレベルの技術や知識が求められます。そのため、取得費用も二等資格よりも高くなる場合があります。

一等資格の取得費用については様々な要素が関与するため、一概には言えません。詳細な費用については、登録講習機関や試験機関にお問い合わせいただくか、各機関の公式ウェブサイトを参考にしてください。

以上がドローン免許の取得費用についての概要です。取得費用は免許の種類や講習機関、試験機関によって異なるため、事前に費用について詳細を確認することが重要です。

講習と試験にかかる費用

ドローンの国家資格を取得するためには、登録講習機関での学科・実技の講習を受ける必要があります。

講習料は、各講習機関によって異なる場合がありますが、おおよそ50,000円から100,000円程度の費用がかかります。

講習では、ドローンに関する基礎知識や操縦技術を学ぶことができます。講習内容や受講期間は講習機関によって異なるため、事前に詳細を確認することが必要です。

また、指定試験機関での学科試験にも合格する必要があります。試験料は、一般的には講習料に含まれている場合が多く、別途費用がかかることは少ないです。試験料の詳細については、試験機関の公式サイトなどを参考にしてください。

講習と試験にかかる費用は国家資格取得の一環となる重要な費用です。自分の目的や予算に合わせて、適切な講習機関や試験機関を選ぶことが大切です。

その他にかかる費用

ドローン免許の取得には、身体検査費用およびライセンス発行手数料がかかります。

身体検査費用

ドローン免許の取得には、身体検査が必要です。身体検査の費用は、地域や医療機関によって異なる場合がありますが、おおよそ数千円から1万円程度と言われています。身体検査では、視力や聴力の検査、健康状態の確認などが行われます。

ライセンス発行手数料

ドローン免許の取得後、ライセンスの発行手続きが必要です。この際には、ライセンス発行手数料がかかります。手数料の金額は、所轄の航空局やドローン関連の組織によって異なりますが、おおよそ数千円から1万円程度と言われています。

以上が、ドローン免許の取得費用に含まれるその他の費用です。身体検査費用やライセンス発行手数料は、取得費用の一部となりますので、事前に予算に組み込んでおくことが大切です。