Webデザイナー

【未経験から転職成功】Webデザイナーに転職できる3つのパターンをご紹介!

未経験から転職成功!Webデザイナーに転職できる3つのパターンをご紹介!

web業界で実務経験のあるWebデザイナーは、自分のスキルアップやキャリアアップ、年収アップをはかるために、転職する際、これまでの実績をアピールし活かすことができます。具体的な実績があればあるほど転職において有利になり、将来の目標にマッチする転職先を探し転職することができます。
一方、Webデザイナーとしての実務経験のないweb業界未経験者はどうでしょう。
Webデザイナーという職業は、Webクリエイターの中でも専門性の高い職種だと言われています。例えば専門学校などでWebデザインやグラフィックデザインなどを勉強していれば、Webデザイナーとして働く際に有利な経歴としてアピールすることができます。
また、全くweb業界が未経験であったとしても、いくつかの条件が揃えば、Webデザイナーとして転職を成功させる可能性は十分にあります。今回は、web業界未経験のWebデザイナーが転職を成功させる3つのパターンと、「未経験者だからこそ転職できる」可能性についてご紹介します。

業界未経験者がWebデザイナーとして転職できる3つのパターン

社会人経験1~3年の場合の転職

学生時代にWebデザインを勉強してこなくても、社会人経験1~3年の「第二新卒」であれば、web制作会社などでWebデザイナーとしてお仕事ができる可能性があります。

Webクリエイティブの分野では、アシスタント・アルバイトの求人はよく目にしますよね。そのチャンスを生かすことで、業界未経験でもWebデザイナーへの道が拓けてきます!

ただその時に大切になってくるのは、やる気と努力と覚悟です。シンプルかもしれませんが、webデザイナー経験のある方に聞くと、やはりこれに尽きます。Webデザインの仕事がどれほど好きかという情熱がチャンスを引き寄せることでしょう。

グラフィッカーなどのデザイン経験がある場合の転職

前職がDTP(紙系のデザイン)などのお仕事だった場合、Webデザイナーへの転向は、実現する可能性が高いでしょう。一番の強みは、グラフィックのアプリケーションを使えるという点です。Webデザインと共通スキルが身についているならば、Webデザインの経験がなくても、短期間でWebデザイナーとしての仕事をこなせるようになることが多いです。

経験がある業界と同じ業界内の企業に転職する

Webデザインとは別の分野で社会人を経験しながら、独学でWebデザインを勉強する場合も、Webデザイナーへの転職チャンスは十分にあります。

企業のWebサイト(自社メディアサイトやコーポレート)を運用を担当するポジションとして働きながらWebデザインを勉強していくことも可能です。その場合webデザインを一日中できる訳ではありませんが、一番近くで見れる分、ある程度の年数を経験しながら少しずつステップアップを繰り返し、一人前のWebデザイナーになる道筋は見えてきます。

Webデザイナー未経験者だからこその強みを自覚しよう

Web業界で経験を積み、転職する際に気を付けることがあります。制作会社によって「やり方」「進め方」などの細かいルールがあり、微妙に違うこと。前職で当たり前のように決められて行ってきた「やり方」が残っていると、転職先での「やり方」などに馴れるまで時間がかかってしまうことがあります。転職先の企業からすれば、これは意外とやっかいなことなのです。

しかし、web業界未経験者で転職した場合は、極端な話「のびしろしかない状態」

採用する企業にとっては、デザイン脳で凝り固まった先入観のないwebデザイナーとして育成しやすいということでもあります。それは確実に未経験者ならではの強みと言えます。Web業界未経験からWebデザイナーを目指す際は、これを自覚して、転職活動に臨んでみてください!

関連記事