Webデザイナー

Webデザイナーの給料はどのくらい?平均月収と年収をご紹介!

WEBデザイナーの給料は、勤務先の会社によって異なりますが、WEBデザイナーの職場となる制作会社は中小企業やベンチャー企業が多いため、高い給料をもらえる会社は少ない現状です。

またWEB業界が活性化している現状、WEB制作会社もどんどん増えており競争が厳しくなっているのでそれが従業員として働くWEBデザイナーの給料にも影響しているようです。

平均年収は300万円〜350万円と言われており、スキルや業界経験年数によって増加していきます。WEB制作会社の多いベンチャー企業はスキルアップと給料アップが比例している企業も多いです。

年収を上げるにはやはり、ずっとWEBデザイナーとして働くのではなくスキルアップし「WEBディレクター」や「WEBプロデューサー」などにキャリアアップする必要があります。これは難しい話してはなく、WEBデザイナーとして働きたいと思った時のように、興味関心から勉強することでキャリアアップできます。

WEB制作関連会社の平均年収

20代前半は258万円路一般的には低い水準で設定されています。ですが、40歳以上になると約600万円に上がっています。

WEBデザイナーの平均年収

バイトや、新入社員で入社する20代前半のWEBデザイナーの年収は275万円と一般的より低い水準です。
しかし、仕事を続けスキルを身につけていく、年齢を重ねていくうちに40歳以上にもなれば483万円とだんだんと増加していく傾向にあります。

WEBデザイナーの平均月収

バイトや新人、未経験でWEBデザイナーを始めると最初の給料は約20万円ほどが平均的です。アルバイトの時給は約1000円〜1200円程度でアルバイトの段階では昇給はあまりありません。
未経験でも仕事をしていくうちにスキルが身についていったりWEB業界の経験も豊富になってくるので1年〜2年で給料は格段にアップする場合もあります。それは自分の頑張り次第ですが、普通に仕事をこなしていけばスキルアップはもちろん専門的な知識も身についていくことでしょう

関連記事