Webデザイナー

業界未経験からWebデザイナーに就職した私の給料や年収を大公開!

webデザイナーという職業は名前からしてかっこいい仕事ですし、たくさん給料をもらっているイメージがありますが、平均年収は約320万円程度だと言われています。スキルに応じて変動はしていきますが、そこまでもらっていないんですね…。

未経験でwebデザイナーになった私の給料(一年目)

私は特にスクールや専門学校などは通っていなく高卒中途採用でした。初任給は20万円。高卒で中途採用なのでまずまずだと感じました。この頃の私は”webデザイナーになりたい!”という思いで就職したのであまり給料には無関心で、とにかくお金よりもデザイナーとしてのスキルをつけたい!勉強したい!という思いがありました。なので私には20万円の給料は十分なお給料でした。

そのとき働いていた会社の上司でwebデザイナーの方は28万〜36万、webディレクターの方は40万円程度給料を貰っていました。

webデザイナーの友人と比較するとなかなかいい給料らしく、ボーナスはありませんでしたが昇給額が大きく、1年目でなにもスキルがない私でしたが給料は24万円にまで上がりました。1年目の年収は約285万円程度でした。

お金を稼ぎたくてwebデザイナーになる人はいない?

今、振り返るとお金を稼ぎたいからwebデザイナーになりたかったわけではありません。
何かものを創ったり創造したりすることが好きで、何よりwebデザイナーという職業がとても魅力的で挑戦してみたいお仕事だったからです。

給料に関しては最初に述べたように関心がなかったので、「スキルやできることを増やし、自分の価値を高めてからたくさんお金を稼ぎたい」と思っていました。

高卒中途採用の給料はおそらく月収18万円程度が平均で、これだけの給料をもらえるのは本当にありがたいと思っていました。

私の目的は「スキルやできることを増やし、自分の価値を高めたい」だったので覚えることや、仕事をこなして夜遅くまで働いていたり、帰宅してからデザインの勉強やスキルを高めるために独学でサイトを作ってみたりと割と多忙な生活でしたが、苦にはならずとても満足していました。webデザイナーになりたいと思っている人は、出世やお金の欲はあまりなくて純粋に何かを作り出したりするのが大好きな人なんだと思います。

関連記事